複数のViewControllerを扱う

〜swift忘備録

〽️ 書ーけないコードがあーるものかー



2つ目以降の画面とファイルの追加の方法について。




■storyboard上で、ViewControllerを追加します。





■Navigator Areaを右クリックして、New Fileを選択。





◼︎ファイルのテンプレを選択するダイアログが出るので、Cocoa Touch Classを洗濯してNext。

 



◼︎ファイルオプションを設定するダイアログ。ここではclass名をSecondViewControllerとしています。
SubclassがUIViewController,LanguageがSwiftになっているのを確認してNext。





◼︎ファイルの追加場所を選択。そのままNextでよい。





◼︎次にStoryBoardに戻って、追加したViewControllerのこの部分をクリック。





◼︎Inspector paneでIdentity Inspectorを表示。
いちばん上のCustom Classを先ほどつくったSecondViewControllerに設定して完了。





確認してみましょう。

◼︎Assistant editor状態(あの◯がかさなっているやつね)で追加したSecondViewControllerをクリックすると、右側に紐づけたテンプレが出現します。





◼︎ここで"Unsupported Configration"との警告が出ています。
相互のViewControllerの接続関係はまだ設定していないので当たり前なのですが、気持ち悪いので消しておきましょう。





◼︎StoryBoard上のViewControllerをクリック。
Identitiy InspectorにてStoryBoard IDを設定(ここでは"second"にしました)。これで警告は消えます。







「ふ」です。

swift、web、ガジェットなど。役立つ情報や観ていてたのしいページを書いていきたいと思います。

🐧 twitter 🐧