フーノページ



illustrator 波括弧

イラレ、波括弧{ }の作り方。









outline。


{ }を図にも使いたい。


こんにちは、「ふ」です。
今回はイラレで、波括弧{ }の形を描画してみましょう。
{ }は中括弧、ブレースとも呼ばれています。

文章ではなく、何らかの図で{ }を使いたいときもありますよね(多分)。

1つの方法としては、丁度いいフォントで{ }を書いて、アウトライン化して使う、というものです。

ただそれだとパスデータが輪郭の位置にあるため、カスタマイズがしづらいというデメリットがあります。



できれば右のような、パスデータとしての{ }を取得したい。これなら太さなどの加工も自由に行うことができます。
今回は右のパスになった波括弧のほうを、作っていくことにします。









アウトラインを考える。


{ }の形状を、長方形と円の組み合わせで作ることができるか、考えます。
Typeツールで{ }を打ったものを参考にしましょう。

直線になっている部分と、その外側に長方形を重ねます。
とんがり部分の長方形は、高さ半分サイズのものを2つ積み上げています。

カーブの部分に円をあててみます。

円と長方形で、波括弧の形をなぞることができました。
ここから加工していけば、どうやらいけそうです。




囲みたいオブジェクトに合わせて。




それでは実際に波括弧で括っていきましょう。2つの円を波括弧で括ります。



丁度いい高さの長方形を配置します。先ほどの作戦どおり、右の4つは高さ半分サイズで。
基本、6つの長方形の幅は同じにすると良いでしょう。 スマートガイドを使用すると、オブジェクトの位置合わせやサイズ調整が楽になります。



画像⬆︎の位置に、長方形2つぶんの幅にぴったりと収まる円を配置していきます。
このあたりからcommand(ctrl)+Yで、アウトラインモードにしたほうが作業しやすくなります。通常モードのままでは線幅など、パスの装飾情報も表示されるため位置合わせがやりづらいことでしょう。



長方形と円が配置できたら、一旦全てを選択して下さい。
その上でシェイプ形成ツールにきりかえます。



シェイプ形成ツールで、合体させたい場所をドラッグしましょう。



次にoptionキーを押しながらドラッグして、不要な部分を消していきます。



現在の状態です。
左の直線が残ってしまっています。



ダイレクト選択ツールでドラッグして選択→deleteキーで削除しましょう。



完成です。
線データになっているので、アレンジも自在です。




アレンジ例。



線幅も自在に変更可能です。



ブラシの形状を選び、サインペンで書いたような雰囲気にもできます。
メニューバーの「ウィンドウ→ブラシ」からブラシパネルを表示させ、試してみてください。



角丸が小さめの波括弧も、アウトラインから作り直せばお好みのものが作れます。




図形の組み合わせで色々いける。


最後までお読みくださり、ありがとうございます。

今回は波括弧をパスで表現する、というものをやってみました。他にも記号やロゴなど、基本的な図形の組み合わせで作れるものは多々あります。おもしろいものがあれば、また紹介しますね。

ではまた〜 ♬




「ふ」です。

ふ

ベクターグラフィック、web、ガジェットなど。役立つ情報や観ていてたのしいページを書いていきたいと思います。