Vectornator、ペン/ブラシ/鉛筆ツールについて。

〽️ 3種類の描画ツール。 〽️ 作業面とスタイルの設定。 〽️ ペンツール。 〽️ 鉛筆ツール。 〽️ ブラシツール。 〽️ Apple Pencil必須?







⬆︎Vectornator使い方についてのまとめページはこちら。

3種類の描画ツール。

こんにちは、「ふ」です。
Vectornator使い方3回目。今回は描画ツールについて見ていきます。

まずは新規イラストを開いてみます。用紙サイズをテキトーに選んで(ここではA4にしました)、ワークスペース画面に移行します。

画面左端のツールバーの中には、

①ペンツール

②鉛筆ツール

③ブラシツール

の3種類の描画ツールがあります。1つづつ試していきましょう。











作業面とスタイルの設定。


描画ツールを使う前に、キャンバスの設定をしておきますね。

ワークスペース画面を開いた状態で、画面左上のメイン操作バー(命名:ふ)を押して展開し、その中から歯車マーク(設定)をタップして開きます。

1番下の「作業面」を選択、「白色の背景」のみONにしておきます。これで白い無地の紙の上に描いているような状態になります。



もう一度設定ボタンをタップすると画面が閉じられます。

次にインスペクターバーの「スタイル」を操作します。
イラストを開いた段階で、既にダイアログが出現しているかと思います。

「塗り」はひとまず無しにしておきましょう。右端の目のマークをタップして斜線状態にします。

「線」は普通の黒にしました。その下の「ストロークの幅」で線の太さを指定します。
スライダーを動かして調整することができるのですが、細かく設定したい場合にはスライダーを一度タップ。

するとテンキーが現れ、数値を直接入力できるようになります。Enterキーでスライダーに反映されます。
画面上でテンキー以外の場所をタップすると非表示と成増。

刷毛マークをタップして「スタイル」のダイアログを閉じましょう。





 

ペンツール。

みんな大好きペンツール。これでペジェ曲線を描くことができます。
ツールバーの中からペンツールを選んでください。

pencilまたは指で始点をタップ。アンカーポイントが打たれます。

ペンを離して再び別の場所をタップすると、次のアンカーポイントが。
そのまま画面から離さずドラッグするとハンドル操作ができます。

始点のパスを再びタップすると、パスを閉じることができます。

ペジェ曲線は慣れないとなかなか思い通りの描画ができません。 画面を2本指で同時タップすると、1番最後に行った操作が取り消されて1つ前の状態に戻すことができます。

慣れない人は練習に励みましょう ♫ これ、iPad上で場所を選ばずできるのが嬉しいところです。





鉛筆ツール。

鉛筆ツールは、一定の線幅でフリーな軌跡を描画することができます。

ツールをタップすると、右側にスライダーが出現します。これは「滑らかさ」が調整できるみたいですね。

滑らかさ0%で描画。タッチの軌跡がまんま再現されます。

次は100%で描いたものです。線を描いて画面からを離した瞬間、滑らかな線に変わります。

画面が線だらけになって収拾が付かなくなりました。

そんな時はツールバーの1番上の選択ボタンを押して選択モードにします。次にアクションバーをタップすると全てのオブジェクトが選択されるので、ゴミ箱ボタンを押して全て消去。

これでまっさらな作業面になりました。






ブラシツール。


ブラシツール。一見鉛筆ツールと同じようですが、ApplePencilを使うことで筆圧を検知してストロークの幅を変化させることができます。

指で描画した場合には筆圧感知が働きません。画面を強く押しすぎてiPadを壊さないように。

扨(さて)、上が鉛筆ツールで描いた線、下がブラシツールのものです。
2つの違いを確認してみましょう。

選択ツールでドラッグして両方選択します。

インスペクターバーから「スタイル」を選択、「塗り」の目のマークをタップして可視状態にしましょう。テキトーに色をつけます。
あとストロークの幅も調整。

鉛筆ツールでは線に囲まれた部分に色がつくのに対し、ブラシツールでは線自体に色が付いています。

色をつけてみるとわかるのですが、鉛筆ツールは「線」を描くのに対し、ブラシツールは「塗り」の部分を描くのですね。

さらに気付いたことなのですが、指でブラシツールを使った場合には「線」しか描画できませんでした。

ブラシツールの特徴を活かすには、少なくともBluetooth接続のタッチペンが必要なのかと。





 

Apple Pencil必須?

今回はVectornatorの3つの描画ツールを紹介しました。

ペンツールについての感想。これまでデスクトップ上でマウスを使ってガリガリとペジェを描いてきたのですが、Apple Pencilを使ってタッチパネル上で描くほうが断然直感的です。
あとツールアイコンは結構細かくタッチしなければならないので、指よりもペン先で行ったほうがピンポイントで触ることができ、操作性も向上します。

現行モデルのiPadは全モデルがApplePencilに対応しているので、Vectornatorで画像を作る際にはお勧めですよ。でも、

お高いんですけど。

ここがネックになってきますよね。

然し乍ら、サードパーティー製のBluetoothタッチペンもそれなりのお値段はします(ちょっと調べてみた)。 そうなると純正品のApplePencilを選んだ方が、対応性も保証されているので無難なのでは、と思いました。











関連記事











「ふ」です。

swift、web、ガジェットなど。役立つ情報や観ていてたのしいページを書いていきたいと思います。

🐧 twitter 🐧